ここ面白かった。

13ー3は道中に詰みパターンあり。

攻略デッキ

13ー1
20200321_145647
初戦では精霊強化SS2を発動。
道中のダメブロパターンはダメブロ解除して処理。
最終戦ではすべてのスキルを使える状態にして挑む。

13ー2
20200321_145828
道中はパネル属性カウントか大結晶で。
多層バリアパターンが少しきついかもしれないが、他よりも楽。というかアテナのカードパワーが高すぎる。

13ー3
20200320_110844
運ゲ。道中の順番とパターンが重要。

全部大結晶はリュオン。

ボスの対処方法が違うので、デッキがバラバラ。考えるのが楽しかったですね。
13ー3だけはかなりギリギリ。

一戦目

Screenshot_2020-03-20-10-33-57
基本的には中右左の順に。

13ー1では開幕からパスを使って30chパネルを赤色にしてから踏む。

13ー2、13ー3では
シュティーレの昏眼が発動したら変換してチェインパネルを踏む。

13ー1、13ー2では属性反転前に反転強化
13ー3では属性反転前に状態ガード。

Screenshot_2020-03-20-10-36-35
13ー3は初戦でなるべく激化を撃つ。

二戦目

二戦目~四戦目はランダム。
13ー1、13ー2は道中でそれほど苦労しないため略。

13ー3は多層バリアパターンを引くと25T以内が厳しい。というか無理。

Screenshot_2020-03-20-10-37-07
割合攻撃後、リュオン。
ここでは激化をまわす。

Screenshot_2020-03-20-10-38-44
ステアップ後の激化で中を飛ばす。多分乱数。
エリカでSS1を使えば恐怖も防げる。

三戦目

Screenshot_2020-03-20-10-39-13
中を殴ってリュオンパネル踏みながら激化で飛ばす。

四戦目

Screenshot_2020-03-20-10-43-10
ここも激化で。エリカのSS1は解除しておきたい

五戦目

13ー1

Screenshot_2020-03-21-13-36-03
開幕割合攻撃→ガード解除→中に激化。
反転強化はちゃんとタモントキモリがLモードのときに使っておくように。

Screenshot_2020-03-21-13-36-49
ギリギリ落とせる。

Screenshot_2020-03-21-13-37-51
中が落ちたら地道に殴る。


Screenshot_2020-03-21-13-38-11

13ー2

Screenshot_2020-03-21-14-51-05
先制で光恐怖を食らうので、反転して状態で最終戦に突っ込んだ方が確実かも。

開幕パネル属性カウント。
特殊パネル変換でパネル属性カウントを連発して怒らせる。

Screenshot_2020-03-21-14-52-30
強制進行を食らったら、反転強化と精霊強化。
またパネル変換して属性カウントをまわす。


Screenshot_2020-03-21-14-53-48
恐怖を食らっていても、精霊強化と煌眼で全快するため、パネル属性カウントは連打できる。

Screenshot_2020-03-21-14-54-15
Screenshot_2020-03-21-14-54-32
アテナつおい。

13ー3

Screenshot_2020-03-20-10-44-33
左を殴って削る。踏めれば複色を踏みましょう。というかクリティカル出したい。

Screenshot_2020-03-20-10-46-26
中に激化。中の残ってる多層バリアが1程度なら多層バリアごと消し飛ばせる。
あとは右を殴る。

Screenshot_2020-03-20-10-48-53
右は分裂や多層バリアでとにかく遅延してくる。多層バリアを剥がすのを優先して、最後は激化。

Screenshot_2020-03-20-10-49-19
ギリギリギリギリ




13ー4は別記事


参加しています。よろしければ応援お願いします。

魔法使いと黒猫のウィズ ブログランキングへ

スポンサードリンク